院長ブログYuka Skin Clinic Blog

当クリニックでは、患者様お一人お一人の肌の状態に真剣に向きあい、
健康で美しいお肌づくりをサポートいたします。

ビタミンDと花粉症

2019.03.15

こんにちは。 東京日本橋 ゆかスキンクリニックの院長 青木 由佳です。

まだまだ空気は寒いけれど、日も長くなり、太陽の光が強くなり、すっかり春ですね♡

春は大好きな季節ですが、困るのは花粉症。

花粉症によるアレルギー性鼻炎や花粉による肌荒れ(花粉皮膚炎)の患者様が最近増えています。

 

私も重症ではないのですが、スギとヒノキの花粉症があって、

ひどい日は抗アレルギー薬やお得意の鼻水どめ『小青竜湯』を使っていましたが、

今年はビタミンDのサプリメントだけで何とかいけています。

 

ビタミンDの主な作用は骨を合成することなのですが、

実はそれ以外に免疫を調整して、花粉症の症状を軽くする効果があります!

 

ビタミンDは紫外線に当たることで体内でも作れるビタミンなのですが、

紫外線の害が強いので、無防備に紫外線に当たれませんよね。

さらには、冬の間は日照量が減ってしまい、ビタミンDの合成も低下してしまっています。

なのでサプリメントで摂取するのが望ましいです。

 

ビタミンDの不足は血液検査でチェックできます♪

私も先日の栄養素検査でビタミンDの貯蔵量がやや低かったのでビタミンDをはじめましたー。

ビタミンDは骨と筋肉を強くする効果もあるのでアスリートにも欠かせないビタミンなのです!

(どっちかというと私は花粉症よりそっちの理由で始めました 笑)

 

医療機関専用のビタミンDサプリメント。こちらは炎症を抑える効果のあるオメガ3系の脂肪酸=亜麻仁油も入ってます。

1ボトル60個入り(1〜2ヶ月分)で1620円(税込)で発売中です。

 

 

 

お電話のご予約
03-6262-5515
メールのご予約

PAGE TOP