スペクトラ

肌質の改善、肌の若返り・美白に効果的

シミ・肝斑・あざ・美肌・美白・毛穴

スペクトラ(Qスイッチヤグレーザー)とは

スペクトラ(Qスイッチヤグレーザー)は、2種類の波長をもつ医療用レーザー治療機です。
ヤグレーザーは黒い色に反応する性質があることから、シミやそばかす、医療脱毛などにもその技術が応用されています。特にこのスペクトラは、「Qスイッチ」という短時間に高エネルギーのレーザーを発生させる装置を搭載しており、従来のレーザーよりもメラニン色素に対してピンポイントで照射することができるようになりました。
黒い色への吸収率の高い532nm1064nmという2つの波長を、皮膚の浅い部分・深い部分と使い分けることで、シミ・そばかす・ほくろ・あざ・タトゥーやアートメイクまで幅広い治療が可能です。
さらに、
スペクトラモード
(ロングパルス/照射時間が長い…スペクトラピール)
Qスイッチモード
(ショートパルス/照射時間が短い…ルートロトーニング・ルートロピール・スポット照射)
という2種類のモードも搭載しており、肝斑(かんぱん)を含む色の薄いシミから濃いシミの治療、毛穴の開きやニキビ・ニキビ跡の改善、肌質改善、お肌の若返り治療まで、1台で様々な肌トラブルの治療を行うことが可能なレーザー機器です。

このような方におすすめ

  • 肝斑・シミ・そばかすが広範囲にあり、ダウンタイムなしに改善したい方
  • ニキビ・ニキビ跡、毛穴の開き、肌のざらつき、赤ら顔、小じわにお悩みの方
  • 肌のキメを整えて顔全体の質感をアップし、肌色を明るくしたい方
  • 色素沈着の改善、タトゥーを目立たなくしたい方
  • ほくろ、あざの治療(太田母斑・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)・異所性蒙古斑など)

スペクトラ(Qスイッチヤグレーザー)の特徴

  • 2種類の波長のレーザー(532nmと1064nm)と、スペクトラとQスイッチ2種類のモードを使い分けることで多くの肌の悩みを解決することができる。
  • 他のQスイッチレーザーに比べ、照射部位への出力が均一でメラニンを瞬間的に破壊することに優れ効果が高い。

Qスイッチモード スポット照射で狙い撃ちする治療

Qスイッチモードでの施術が適している症状

  • 輪郭がはっきりしているシミ
  • 茶・青〜黒いあざ(扁平母斑、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)、太田母斑など)
  • 色が薄くて光治療器(フォト)では反応しないシミ
  • タトゥーやアートメイク
  • 濃い色のほくろ

(1)532nm Qスイッチモード

頑固なシミやそばかすをスポットで除去

黒い色への吸収率が高い532nmの波長のQスイッチヤグレーザーをシミに照射し、メラニン色素を選択的に破壊します。メラニンの少ない周囲の正常皮膚へのダメージは最小限に抑えることができます。
スペクトラは従来のレーザーに比べると、パルス幅が世界最小クラスのため、シミ取りの効果が高くなっています。そのおかげで薄い茶色への反応が上がり、より薄い色のシミにも対応できるようになりました。
くっきりとした日焼けによるシミにはQスイッチレーザーが一番効果的です。治療は1回あたり数分で終了し、痛みは輪ゴムで弾かれる程度です。
治療後にはかさぶたができ、1〜2週間程でそのかさぶたが剥がれます。きれいな皮膚になるまでの間はテープを貼って保護する必要があります。
通常、日焼けによるシミはQスイッチヤグレーザーの1回の照射で改善することがほとんどです。ただし、日本人の6割は1ヶ月後に炎症後色素沈着が出るため、1ヶ月後に色戻りすることがあります。 炎症後色素沈着は通常3~6ヶ月で落ち着いてきますので、日焼けや摩擦刺激を避け、必要であればハイドロキノンなどの美白剤を使って経過を見ます。

(2)1064nm Qスイッチモード

1064nm の波長のQスイッチヤグレーザーは、より肌の深くまで届く波長です。表皮の下・真皮に色素のある、太田母斑やADM(後天性真皮メラノサイトーシス)・異所性蒙古斑などのあざ、黒いタトゥーやアートメイクなどにはこの波長を選択して照射します。

治療説明

治療間隔 1回の治療で効果が確認できない場合、3〜6ヶ月程度の間隔を空けて、2回目のレーザー照射を行います。表皮に近いしみで1~2回、真皮内のあざやタトゥーでは1ヶ月以上の間隔を開けて複数回の照射が必要となります。
治療時間 数分(範囲による)。
麻酔 なし。痛みに弱い方は麻酔テープ、麻酔クリーム。
ダウンタイム 1週間程度患部に軟膏を塗り、テープで保護する必要があります。
メイク 当日から可。(テープの上から)日焼け止めを使用し、紫外線対策を行ってください。
通院 1〜2週間後に診察。
洗顔・シャワー・入浴 当日から可。ただし患部は濡らさないようにしてください。
軟膏

顔全体に照射する3つの美肌治療

ルートロトーニング・ルートロピール

  • 肝斑が気になる
  • 肌の色むらやくすみが気になる
  • 毛穴の開きが気になる

治療が難しい肝斑や光治療に反応しにくい、しつこいシミに。

肝斑(かんぱん)とは、女性ホルモンのバランスが原因で両頬に左右対称でできる、ぼんやりとしたシミのことです。 以前は肝斑に通常の日焼けのシミ治療に使うQスイッチレーザーを照射すると、炎症の刺激で逆に悪化してしまうことがあるため、「レーザー治療は禁忌」と言われていました。
しかし、スペクトラでは均一で安定したレーザー照射が可能になり、肝斑を刺激しない程度の強さ(低出力)でQスイッチヤグレーザーを繰り返し照射することで、肝斑を改善することができるようになりました。
肝斑の程度にもよりますが、2週間おきに8〜10回ほどの照射が推奨されています。メラノサイトへの刺激を抑えるために、内服や外用の併用をおすすめすることがあります。

ルートロピール

治療説明

治療間隔 2〜4週間おきに5〜10回治療を受けることをおすすめします。
治療時間 数分〜10分ほど。
麻酔 なし
ダウンタイム なし。赤みが出ることがありますがメイクで隠せる程度です。1日〜数日で治まります。
メイク 当日から可。日焼け止めを使用し紫外線対策を行ってください。しっかりと保湿をしてください。
通院 2週間〜1ヶ月おき。症状の改善が得られた後もメンテナンスとし定期的に治療を継続することをおすすめします。
洗顔・シャワー・入浴 当日から可。強く擦らないようにしてください。
軟膏

スペクトラピール

  • 赤いニキビ跡が気になる
  • 赤ら顔が気になる
  • 毛穴の開きが気になる

スペクトラピールで毛穴・小じわ・赤ら顔を改善。

スペクトラピールは、1064nmのロングパルスで皮膚の深い部位までレーザー熱を到達させます。その熱エネルギーを周囲に拡散させることで線維芽細胞の活性化を刺激し、コラーゲンやエラスチンを増産します。皮膚の新陳代謝を内側から促進する効果があります。
このスペクトラピールには毛穴の開き・小ジワやたるみ・赤ら顔やニキビ跡の改善・肌の引き締め・キメを整える効果もあります。
また、スペクトラピールは皮脂腺の働きを抑え、肌表面の角質や汚れを除去しターンオーバーを促進するので、ニキビにも効果的です。 スペクトラとジェネシスの治療効果はほぼ同じですが、ジェネシスの方がややパワフルです。
より強い効果を望まれる方にはジェネシスをおすすめしております。

スペクトラピール

治療説明

治療間隔 2〜4週間おきに5〜10回治療を受けることをおすすめします。
治療時間 顔全体で15分ほど。
麻酔 なし
ダウンタイム なし
メイク 当日から可。日焼け止めを使用し紫外線対策を行ってください。しっかりと保湿をしてください。
通院 2週間〜1ヶ月おき。症状の改善が得られた後もメンテナンスとし定期的に治療を継続することをおすすめします。
洗顔・シャワー・入浴 当日から可。強く擦らないようにしてください。
軟膏

デュアルピール

  • 肌のくすみも赤みも両方気になる
  • 毛穴の開きが気になる

ルートロピールとスペクトラピールのコンビネーション効果。

デュアルピールは、ルートロピールとスペクトラピールのコンビネーションモードです。2つの治療モードを組み合わせることで、より高い効果を発揮します。
ルートロピールは「肌の色むら・くすみ」「肌の引き締め」、スペクトラピールは「毛穴の開き」「小ジワ」「赤ら顔やニキビ跡」などに同時に働きかけるので、肌のさまざまなお悩みをまとめて解消します。
さらに、スペクトラピールと同時に治療を行うデュアルピールはより高い効果が得られます。
ゆかスキンクリニックでは、お肌の状態を診て最適な治療をご提案します。

デュアルピール

治療説明

治療間隔 2〜4週間おきに5〜10回治療を受けることをおすすめします。
治療時間 顔全体で30分ほど。
麻酔 なし
ダウンタイム なし。若干赤みが出ることがありますが、数時間〜1日で治まります。
メイク 当日から可。日焼け止めを使用し紫外線対策を行ってください。しっかりと保湿をしてください。
通院 1回でも効果を感じていただけますが、2〜4週間おきの治療をおすすめします。
洗顔・シャワー・入浴 当日から可。強く擦らないようにしてください。
軟膏
お電話のご予約
03-6262-5515
メールのご予約

PAGE TOP