ボトックス注射

気になる眉間・額・目尻のシワを抑えて お顔の印象アップ

表情じわ・小顔(エラはり)・多汗症・マイクロボトックス

ボトックス注射 は筋肉の動きを抑えたり、汗や皮脂を抑える効果があります。 眉間や額・目尻などの気になる表情じわを改善したり、肥大した筋肉を小さくすることで、エラやふくらはぎのはりだしを改善します。 ゆかスキンクリニックではボトックス の注入部位や注入量、注入の深さにこだわり、自然な表情に仕上げます。

このような方におすすめ

  • 眉間・額・目尻など顔の表情ジワを改善したい
  • 口角を上げたい
  • あごにできる梅干しジワが気になる
  • エラがはっている(小顔)
  • ふくらはぎを細くしたい
  • ワキ汗が気になる
  • テカリや小じわが気になる

ボトックス 注射とは

ボトックス(A型ボツリヌストキシン)はボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質の一種で、「アセチルコリン」という神経伝達物質の働きを弱め、筋肉の動きを抑える他、汗や皮脂を抑える働きがあります。30年以上前から顔面けいれんや眼瞼けいれんの治療などに使用されています。

ボトックス の効果

  • 表情じわを抑える・・・眉間・額・目尻のシワの改善
  • 筋肉のバランスを調整する・・口角をあげる・鼻翼縮小・眉の左右差を調整
  • 肥大した筋肉を小さくする・・・エラはり(小顔)・ふくらはぎ痩せ
  • 汗を抑える・・・わきや手のひらの多汗症の改善
  • 皮脂を抑える・・・マイクロボトックス
ボトックス の効果は注入後3〜4日頃から出始め、1〜2週間でピークに達します。その後4〜6ヶ月にわたり作用します。 筋肉の萎縮目的の場合は、筋肉が萎縮し効果があらわれるまで1ヶ月ほどかかります。

表情じわの改善

ボトックス は表情じわやしわの予防に効果的

ボトックス 注射は表情の動きによって出るシワを抑えることができます。 眉間・額・目尻・鼻根部など笑ったり怒ったりすることで、表情の筋肉が収縮し、繰り返しシワができると、慢性的に真皮の損傷が起こり、段々とシワが刻まれてきます。ボトックスを打つことにより、表情の動きをおさえ、表情じわをおさるだけでなく、シワが深く刻まれるのを予防します。

刻まれてしまったシワは残る

ボトックス 注射は筋肉の動きによってできるシワは改善しますが、表情を動かしていないときにも目立つ刻まれてしまったシワには効果がありません。老化によるコラーゲンの減少・変性に加えて、表情筋の動きによるシワを繰り返すことで慢性的な真皮の損傷がおき、シワが刻まれてきます。ボトックス注射による予防に加え、高濃度サーモン注射(リジュランS)やヒアルロン酸注入・ダーマペンなどの真皮のコラーゲンを増やす治療の併用がおすすめです。

症例写真

額のボトックス

眉間ボトックス

筋肉の動きを調整して顔のバランスを整える

筋肉のバランスを調整して、顔の左右差を整えたり、お顔の印象をすこしだけ変えることができます。
  • 眉の形を調整する
  • 目尻を少し下げてタレ目に見せる
  • 口角を少し上げる(口角下制筋ボトックス)
  • 鼻翼の広がりを抑える
 

症例写真

口角下制筋ボトックス(笑顔のボトックス)

口角を下げる筋肉の働きを抑えて、口角をあげます。

発達した筋肉を小さくする

使われなくなった筋肉が痩せて小さくなる効果を利用して、発達したエラやふくらはぎを細くすることもできます。 筋肉を萎縮させる場合、ボトックスを注入して、筋肉が動かなくなってしばらくしてから筋肉が萎縮して小さくなるので、効果が現れるまで1ヶ月ほどかかります。 とくに肥大している人は、ボトックスの効果が完全に切れる前、2−3ヶ月後に2回目の注入を行うとより効果的です。ある程度筋肉が小さくなってからは半年〜1年前後に1回を繰り返します。

汗を抑える

ボトックス注射は汗を出す汗腺の働きを抑える作用もあるので、わきや手足の多汗症に悩む方にもおすすめの治療です。 汗を抑えることで、他の部位の発汗が促される代償性発汗が起こることがありますが、ボトックス注射の場合は汗を抑える範囲が狭いため、交感神経節ブロックなどにくらべると非常に稀です。

マイクロボトックス

マイクロボトックスは、ボトックスをフェイスラインや頬、首にかけて、ごく少量ずつ皮膚の浅い層にまんべんなく注射する方法です。 通常のボトックス注射のように表情筋に注射して、筋肉の動きを大きく止めるのではなく、もっと浅い筋肉の表面繊維だけの働きを弱めるため、お肌がピンとはって小じわを改善し、滑らかなお肌にする他、軽いリフトアップ効果があります。 皮脂腺や汗腺の働きもおさえるので、毛穴が目立たたなくなり、脂性肌・にきび肌の改善効果もあります。

ゆかスキンクリニックのこだわり

選べる製剤

厚生労働省認可 ボトックス ビスタ ボトックス ビスタ(Botox Vista)は⽇本国内で唯⼀厚⽣労働省が承認しているアラガン社のボツリヌストキシン製剤で、世界では25年以上にわたって広く美容医療・アンチエイジングに使⽤されています。⽇本では2009年1⽉に厚⽣労働省によって製造販売が承認され、国内で未承認の他のA型ボツリヌス毒素製剤とは異なり、⽇本⼈での有効性・安全性が確認されています。
ボツラックス(韓国製ボトリヌストキシン製剤) ボツラックスは、韓国ヒューゲル社のボツリヌストキシン製剤です。KFDA(韓国⾷品医薬品安全庁)に医薬承認されています。効果や持続期間については、ボトックスビスタと同様ですが、お値段が少し安価なので治療費用を抑えられるというメリットがあります。

自然な仕上がり

ゆかスキンクリニックでは患者様のシワの癖をしっかりと観察し、通常の筋肉へ注入する打ち方と、皮膚の浅い層に注入するマイクロ打ちを組み合わせて、自然な表情の動きは残すように注入しています。

極細針

通常のボトックス 治療では30Gというサイズの針が使用されますが、ゆかスキンクリニックでは34Gという極細の針をオプションで用意しています。通常よりも細い針なので、痛みや内出血のリスクが軽減されます。

2週間以内再注入・微調整 無料

ボトックス はその効果を打ち消す薬(拮抗薬)がないため、強く効きすぎてしまった場合に、ボトックス の効果が弱まるのを待つしかありません。とくに初めてボトックス を受ける方は不安も強いので、効きすぎを避けるため、少し軽めにボトックス を打たせていただくこともあります。ボトックス は3〜4日で効果が出始め1〜2週間でしっかりと効果が出てきます。効果を感じにくい場合には2週間以内では同部位への再注入・微調整を無料にさせていただいています。

副作用について

ボトックス注射の副作用

  • 二重幅の狭小化・眼瞼下垂・頭重感・頭痛・・・額・眉間への注入
  • 目の下のたるみの悪化・・・目の下への注入
  • 笑顔がかたくなる・・・目尻への注入
  • 笑顔の不対称・・・口角下制筋・咬筋(エラ)
  • 複視(ものが二重に見える)・・・眉間
  • ボトックス への抗体ができて、効きが悪くなる・・・高容量を頻回に行った場合
ボトックス注射で特に注意が必要な方は、眼瞼下垂のある方です。 眼瞼下垂とはまぶたを引き上げる筋肉の力が弱い状態で、まぶたを開ける力が弱いので代わりに前頭筋(額の筋肉)をつかって目を開けるため額のシワが目立ちます。 このような方の額のシワを改善するためにボトックス を打ってしまうと、眼瞼下垂が目立ってしまい、ボトックス による治療は向いていません。 目の下のたるみが強い方にボトックスを打つと、動きがなくなることで目の下のたるみが強調される場合があります。 目尻のシワは優しい印象を与えるシワでもあり、目尻の動きをとめることで、笑顔がかたく見えることがあります。 ボトックスにはいまのところ拮抗する薬がないため、嫌な副作用が起きた時に待つしかありません。(1ヶ月ほどで改善してくることが多いです) ボトックスの効果の出方には個人差があり、ゆかスキンクリニックでは特に初回の患者様では少し控えめの量で注入し、効果が弱い場合には2週間以内に再注入に来院していただくことで、ボトックスの効きすぎによる副作用を予防しています。 またたくさんの量を頻回に行った場合、ボトックス に対する抗体ができ、ボトックスの効き目が弱くなるという報告もあります。

治療説明

治療間隔 3~6ヶ月に1回。定期的な治療をおすすめします。
治療時間 5~15分(麻酔の時間は含まれていません)
麻酔 希望に応じて必要な方には麻酔テープ・麻酔クリームを使用いたします。(麻酔料金別途必要)
ダウンタイム なし。まれに内出血が出る場合がありますが、メイクで隠せる程度です。数日で改善します。
起こりうる副作用 頭重感・頭痛・目が開けにくい(眼瞼下垂の悪化)・二重の幅がせまくなる・複視・笑顔の不対称 等
メイク 針跡部位は翌日以降。その他部位は当日からメイクできます。
洗顔 当日から可。強く擦らないようにしてください。
シャワー 当日から可。
入浴 当日から可。
通院 必要に応じてご通院をおすすめする事がございます。
併用がおすすめの治療 ヒアルロン酸高濃度サーモン注射ジェネシススレッド治療(タイトニングスレッド・ダーマスプリングアイ・スキャホールド)
お電話のご予約
03-6262-5515
メールのご予約

PAGE TOP