院長ブログ

ゆかスキンクリニックは、患者様お一人お一人の肌の状態に真剣に向きあい、
健康で美しいお肌づくりをサポートいたします。

デリケートゾーンのお手入れにスネコス

2022.05.27

テーマ:

こんにちは。東京日本橋、ゆかスキンクリニック院長の青木由佳です。

 

なかなか慌ただしくて自分のメンテナンスが疎かになりがちですが、

注入系やタイトニングスレッドは空いている時間で気軽に(自分でできるから)できるので、思い立った時にちょこちょこやっています。注入といっても、もともと顔まわりに肉が多い私はあまりヒアルロン酸は必要ないので、高濃度サーモン注射やスネコス ・ボトックスやダーマスプリングアイや、タイトニングスレッドなどをすることが多いです。

 

タイトニングスレッドは吸収されるPDOと呼ばれる糸で、皮下に入れることで引き締める治療。コグ付きのスレッドでもあげきれない(口周りは動くから外れやすいので)口横のぽこっとしたところにいれると良い感じに引き締まります。

タイトニングスレッドは顔にすることが多いですが、私はたまに体にも入れています。お尻とか膝周りとか。そして、ちょっと前には内腿の上の方のたるみがきになって、タイトニングスレッドをいれましたー!このあたりって年齢と共に皮膚のゆるみが気になってくるところですよね。見える部位ではないので自己満足ですが、良い感じでした。

今回はそのもう少し上、いわゆるデリケートゾーンののあたりの老化が気になって、、

(大陰唇のボリュームがなくなってしわしわしてきたり、ランニングでこすれる影響か黒ずみが気になったり、生理のときにむれて肌荒れしたりが重なってた)

これはスネコス じゃない!!!!?とデリケートエリアにスネコス をしてみました。

もちろん自分でね!(女医あるある)

スネコス は4種類のアミノ酸と非架橋のヒアルロン酸が入った製剤なのですが、

お肌のコラーゲンを増やしてくれる働きがあり、ハリツヤ弾力が出てくれます。

場所が場所だけに、ちょっと写真は自重しましたが、結果めちゃくちゃよい!!!

軽い湿疹があったのですが、肌が回復してバリアができたのか改善したし、

お肌の質感がかなり良いです。大陰唇のしわしわ感もだいぶ気にならなくなったし、

お肌のターンオーバー がよくなるので黒ずみにもよいと思います。。

皮膚が薄いのでペンレス(貼る麻酔)もよく効いてくれて、全然痛くなかった。

もう1〜2回してみようと思います!

デリケートゾーン(大陰唇周囲)ってレーザーも当てにくいし、スネコス という選択肢

なかなかよい!!!

デリケートゾーンってなかなか相談しにくい部分ですが、トラブルも起きやすいところでもあり、老化も気になるところ。人知れず悩んでいる人も多いのではないかと思います。

私も40歳をこえて、デリケートゾーンや骨盤底のゆるみなどのアンチエイジングって大事だなぁと思っています。今後はその辺りのアンチエイジングケアなどにも力を入れていきたいなと密かに思っています!

ひとまずデリケートゾーンのスネコス してみたいよ!って方はご相談くださいね!

 


お電話のご予約
03-6262-5515
メールのご予約

PAGE TOP