ライムライト(光治療)

ライムライトは、IPL(Intense Pulsed Lightの略)という光を照射し、しみ・そばかす・くすみのほか、赤みや毛細血管拡張・肌のハリ、弾力の低下などさまざまな肌トラブルに対処できるスキンケア治療器です。
照射を重ねることで、明るくハリがある若々しいお肌に生まれ変わっていきます。

このような方におすすめ

  • しみ、そばかすが気になる
  • 赤み・血管拡張が気になる
  • 毛穴の開きが気なる
  • ハリ弾力を改善したい
  • 色々なお肌の悩みが混在している

ライムライトとは

ライムライトは単一の波長を出力するレーザーと異なり、たくさんの波長を含んだ光を照射する治療器です。メラニンはもちろんヘモグロビン(血色素)にも反応するので、しみ・くすみ・赤ら顔(毛細血管拡張症)・ニキビ跡の赤み・毛穴の開き・ハリなどお肌のさまざまなお悩みに対応していることが特徴です。美容皮膚科治療の基本となる治療器の一つと言えます。

1つのハンドピースで波長・パルス幅・クーリングの温度設定が調整できるので、お一人おひとりのお肌のお悩みに合わせて設定が可能です。また照射と同時にクーリング(冷却)を行うこともできるので、痛みが軽減されます。

多くの光治療器は白人向けに開発されてきましたが、ライムライトは日本人の肌(色白の方から色黒の方含む)を考慮して、日本人医師とキュテラ社が共同で開発したものです。

ライムライト治療後は、ダウンタイムなくすぐにメイクができるので、日常生活に影響することなく気軽に受けることができます。
1ヶ月に1回、繰り返すごとに、透明感とハリのある美しいお肌に近づきます。 ゆかスキンクリニックでは患者さまのお肌の状態に合わせて、ほかの美肌治療を組み合わせたご提案も行っております。

症例写真

治療前

治療後3日後

反応したしみが細かいかさぶた(マイクロクラスト)になって浮き上がっています。

治療1週間後

細かいかさぶたがとれ、しみが薄くなっています。

治療説明

治療間隔 3~4週間に1回、5回で1クール
治療時間 施術20分
麻酔 なし
ダウンタイム 直後多少の赤みやヒリヒリが生じることがあります。黒い細かいかさぶた(マイクロクラス)が浮いてくることがあります(特に最初の1〜2回)。1週間ほどで、自然に剥がれ落ちますので様子を見てください。
メイク 術後
通院 特になし
洗顔・シャワー・入浴 特に制限なし
炎症を抑える薬(赤みが強ければ)
併用がおすすめの治療 ジェネシスソノクイーン
施術後の注意 摩擦刺激や紫外線を避けてください。日焼け止めの常用をおすすめしています。
お電話のご予約
03-6262-5515
メールのご予約

PAGE TOP