サブシジョンwith PDRN注射

長年の悩みだったニキビ跡の瘢痕・クレーターを改善

ニキビ跡・瘢痕・クレーター・水疱瘡のあと

サブシジョンとは、皮下に針やカニューレを挿入し、ニキビ跡の瘢痕・クレーターの原因の一つである皮下の癒着を剥離して、凹みを改善する治療です。
ゆかスキンクリニックではサブシジョン(剥離)を行った部位にPDRNという組織修復・傷再生を促す薬剤も注入し、治療後の再癒着を防ぎます。

このような方におすすめ

  • にきび跡の凹みが気になる(とくにローリング型)
  • ニキビ跡の硬くなった皮膚が気になる
  • 水ぼうそうの跡の凹みが気になる

ニキビ跡瘢痕の種類と治療法

にきびは慢性的に強い炎症を毛穴で繰り返した結果、創傷治癒が正常に行われず、萎縮性・肥厚性瘢痕となって、にきびが治ったあともお肌に目立つ瘢痕を残し、大きな悩みとなることがあります。
ニキビ跡の瘢痕・クレーターの大部分を占める萎縮性瘢痕であるローリング型では、凹みの周囲の真皮や皮下組織も瘢痕化しており、索状の線維によって皮下に引き込まれています。 皮下に針やカニューレを挿入し、癒着がある部位を剥離して、索状線維の牽引をゆるめる『サブシジョン』や、ラジオ波の力で深部の繊維芽細胞を刺激し皮膚再生を促すマイクロニードルRF『ポテンツァ』、マイクロニードルで肌表面を傷付け創傷治癒を促す『ダーマペン4』がお勧めです。


アイスピック型は凹みが深く、もっとも難治性です。CO2やパンチングでくり抜いて治療することもありますが、ダウンタイムが長かったり、瘢痕の範囲が逆に大きくなる可能性があります。
ボックス型の場合は、サブシジョンwith PDRN注射に加え、CO2レーザーのフラクショナル治療やダーマペンの瘢痕モードを追加し、エッジをなだらかにして、瘢痕を目立ちにくくします。

ゆかスキンクリニックのサブシジョン治療

サブシジョン with PDRN注射
ゆかスキンクリニックのサブシジョン治療はニキビ跡の周囲の癒着を剥離するサブシジョンに加え、組織再生や創傷治癒・抗炎症・血管新生を促すPDRN(サーモン注射)を注入する治療です。 より速く、正常な創傷治癒を促すことにより、サブシジョンの後の瘢痕の再癒着を防ぎます。

PDRN注射
サーモンから抽出したPDRN(ポリデオキシリボヌクレオチド・Polydeoxyribonucleotide) 1.5%に加え、グルタチオン ・ヒアルロン酸・ペプチドを配合した注入剤です。
PDRNは組織・細胞修復、創傷治癒促進、成長因子活性化,血流改善などの効果があり、ヨーロッパでは医薬品として認可されており、創傷治癒(皮膚移植、火傷、傷跡)や関節注射など医療現場で広く使用されています。

範囲の目安

  • 1cc : 両頬小範囲(3×3cm/片頬)
  • 2cc : 両頬小範囲+こめかみ,または両頬中範囲(5×5cm/片頬)
  • 3~4cc : 両頬中範囲+こめかみ,または両頬広範囲(7cm×7cm/片頬)

ダーマペン4(リンク)はマイクロニードルと呼ばれる特殊な極細針を使って、お肌に高密度に傷をつけ、傷が治る過程でお肌を再生させる治療です。また穴を開ける際、ヒアルロン酸や成長因子・PDRNなどを入れ込むことでお肌の修復と再生を促す治療です。 ダーマペンはニキビ跡の炎症後色素沈着にも有効で、ニキビ跡による毛穴の開きや浅めのにきび瘢痕に有効です。 ダーマペンとサブシジョンにより浅い層・深い層と多面的にアプローチしニキビ跡の瘢痕を改善させます。

症例写真:ダーマペン×サブシジョンwith PDRN注射 2回治療

治療説明

治療間隔 1ヶ月に1回を3〜5回
治療時間 1時間(麻酔時間込み)
麻酔 表面麻酔・ブロック注射・局所麻酔
ダウンタイム 直後、注入部位に赤みや腫れが起きます。数時間で落ち着きます
内出血や腫れが起きることがあります。個人差はありますが1~3週間ほどで落ち着いてきます。
メイク 24時間不可
通院 特になし
洗顔・シャワー・入浴 当日は洗顔はぬるま湯のみ
特になし
併用がおすすめの治療 ダーマペン4高濃度サーモン注射POTENZA
施術後の注意 特になし
禁忌事項 ※妊娠・授乳中の方 ※魚卵アレルギー・ヒアルロン酸にアレルギーがある方 ※凝固系・免疫系に問題のある方
お電話のご予約
03-6262-5515
メールのご予約

PAGE TOP