マッサージピール

美白だけでなく、ハリ・ツヤ・弾力を回復させる画期的なピーリング

美白・肌のハリ・ツヤ・小ジワ・妊娠線

皮膚表面を剥離せずに真皮のコラーゲン生成を強力に促進する画期的なピーリング治療です。
真皮コラーゲンを増やしてハリ・弾力を改善するので〈コラーゲンピール〉とも呼ばれます。

このような方におすすめ

  • 肌の弾力がなくなってきた
  • ハリ・ツヤが欲しい
  • お肌のくすみが気になる
  • ニキビ・ニキビ跡が気になる
  • 毛穴が気になる
  • 妊娠線が気になる

マッサージピールとは

『マッサージピール』に使用するのは、イタリア製のPRX-T33®というピーリング剤で、33%TCA(トリクロロ酢酸)と低濃度過酸化水素、美白効果の高いコウジ酸が配合されています。

TCA(トリクロロ酢酸)はケミカルピーリングの中でも歴史のある薬剤で、お肌の深部まで作用することから高い美肌効果があります。しかし、表皮を剥離する作用が強く、施術後の痛みやダウンタイム・炎症後色素沈着のリスクが高いため、日本では部分的な治療としては使用されているものの、一般的な美肌治療としては使用されていませんでした。

『マッサージピール』はTCA(トリクロロ酢酸)に過酸化水素を配合することで、表面を剥離させることなく、真皮のコラーゲン生成を強力に刺激して、失われたハリ・弾力を回復することができる画期的なピーリングです。さらにはシミやくすみの原因となる「チロシナーゼ」の活性を抑えるコウジ酸も配合されているので、美白・炎症後色素沈着の改善効果も期待できます。

また『ダーマペン4』 と組み合わせる相乗効果で、より滑らかで美しいヴェルべット肌に近づきます。
『ヴェルベットスキン』についてはこちら

マッサージピールに含まれる3つの成分

33%TCA(トリクロロ酢酸)

TCA(トリクロロ酢酸)は皮膚の深部まで作用して、角化細胞や繊維芽細胞の増殖・皮膚のターンオーバーの促進、バリア機能を回復させる作用があります(バイオリバイタリゼーション)。
過酸化水素を配合することにより、皮膚表面の過剰な反応は抑えられ、皮膚表面を剥離することなく、真皮のコラーゲン生成を促し、ハリ弾力のあるみずみずしいお肌に生まれ変わらせます。

低濃度過酸化水素

低濃度の過酸化水素は、すばやく組織に浸透してTCA(トリクロロ酢酸)から表皮を守る作用があります。また、TCA(トリクロロ酢酸)の真皮でのコラーゲン生成を増強する作用や、血流を改善し創傷治癒を促す作用もあります。

5%コウジ酸

コウジ酸は、シミやくすみの原因となるメラニンを作る酵素「チロシナーゼ」の活性化を抑えます。そのため、シミ・くすみ・肝斑・ニキビ痕・色素沈着にも効果的です。

症例写真

顔のマッサージピール

手のマッサージピール

マッサージピールの効果を高めるホームケア

<WiQoフェイスフルイド 30ml>

8%のグリコール酸を肌に良いバランスで配合しています。
pH値が約3と低いにも関わらず、灼熱感などを感じることなく使用することができます。マッサージピールの後は、お肌を低pH(酸性)状態に保つことで皮膚の再生プロセスが促進され、コラーゲン生成を長時間持続させることが可能になります。

<WiQo保湿ナリッシングクリーム>

高い保湿力を持ったクリームです。ハリを失った肌や、加齢や外気(寒さ、風、紫外線等)の影響を受けた肌の皮脂膜を回復させる働きがあります。マッサージピール後の皮脂膜を回復させることで、天然の皮膚バリアを修復し、トラブルの元となる皮膚からの水分の蒸散を防ぎます。シアバターを配合し肌を鎮静し保護します。

治療説明

治療間隔 2〜4週間に1回、4〜5回で1クール。
治療時間 施術15分
麻酔 なし
ダウンタイム 多少の赤みやピリピリとした刺激感、軽い皮剥け・かさぶた・色素沈着が起こることがあります。
メイク 特に制限なし
通院 特になし
洗顔・シャワー・入浴 特に制限なし
特になし。WiQoのホームケアの併用がおすすめです。
併用がおすすめの治療 ダーマペン4・イオン導入・高濃度ビタミンC点滴。
施術の注意
  • ・皮膚炎や強い日焼けをしている方
  • ・脂漏性皮膚炎やヘルペスがある方
    TCAやコウジ酸にアレルギーのある方は施術できません。
  • ・妊娠中・授乳中は施術できません。
  • ・施術前後1〜2週間はピーリング剤やRAC(レチノイン酸)、ディフェリンゲルなどの角質剥離作用のある薬剤の使用は控えてください。
  • ・施術後はお肌がデリケートになっているので、摩擦刺激や紫外線を避け、しっかり保湿してください。
適応部位 顔・首・デコルテ・手・妊娠線など
お電話のご予約
03-6262-5515
メールのご予約

PAGE TOP