院長ブログYuka Skin Clinic Blog

当クリニックでは、患者様お一人お一人の肌の状態に真剣に向きあい、
健康で美しいお肌づくりをサポートいたします。

ゆかスキンクリニックのニキビ治療

2019.05.17

こんにちは、ゆかスキンクリニック院長の青木由佳です。

当院の保険のお悩みで圧倒的に多いのが、ニキビのお悩み!!!
中高生〜30代くらいまでの女性に特に多いです。

ニキビに関してはいろんなクリニックに行ってもなかなかよくならない、、、と
うちのクリニックに辿りついてくれる方も多々いらっしゃいます。
そこでゆかスキンクリニックでのニキビについて今日はお話したいと思います。

ニキビの標準的な治療は塗り薬。
一般的には白ニキビには毛穴のつまりをとるアダパレンゲル(ディフェリン)
アクネ菌が繁殖している赤ニキビには抗菌薬の塗り薬(ダラシンTゲル・アクアチムクリーム・やゼビアックスローション)や、酸化殺菌作用のある過酸化ベンゾイル(ぺピオゲル)などが処方されることが多いです。

浅い白いニキビがメインの人はこのアダパレンゲルで結構よくなっちゃう人も多いし、ぽつっと月に1〜2個くらいの赤ニキビができる人はこの抗菌薬の塗る薬などでけっこう対応できるのですが、塗るだけではなかなか新しくニキビができるのを抑えきれない人もたくさんいらっしゃいます。

私がまずニキビの患者さんにチェックするのは便秘の有無!
便秘は美肌の大敵! 便秘がおこるということは腸内細菌叢が乱れているということだし、便が腸に溜まることでアンモニアなどの有害ガスが腸に溜まっちゃって
お肌の不調をきたしてしまいます。
漢方の世界でも、栄養療法の世界でも、まず何を直すにしても胃腸を立て直してから!という考えがあるのですが、
腸内細菌の状態はお肌の状態やメンタルの状態に非常に密接に関わっていることが、最近の医学でも注目されています。

ニキビのある20〜30代の女性は便秘もあることがとっても多い!
ので、便秘があるかたは、まず便秘を直すべく調整していきます。

とはいえ、便秘の種類も色々あって。
お腹の動きが悪い人もいるし、水分がうまく吸収できなくて便がカチカチになっている人もいるし(こういう人はお肌もカサカサしてる)

具体的には漢方を使ったり、便に水分をもたせるマグネシウムの入った緩下剤を使ったり、ビフィズス菌や宮入菌などのプロバイオティクスを取ってもらったり、
お腹の動きをよくするビタミンB5(パントテン酸)を取ってもらったり。

便秘が解消されることでニキビの状態がよくなる人は結構います!
便秘の解消だと家でもできることは色々あって、腸内環境を整えるために発酵食品(ヨーグルトを取るかたが多いけど、乳製品は合わない人も多いので、
キムチや納豆、ぬかずけや塩麹や甘酒などがオススメ)や食物繊維をしっかりと取ったり、マグネシウムが豊富な硬水を取ったり。

私は、ミルクのカゼインにアレルギーがあるので、
豆乳で自家製ヨーグルトを作って、そこにプロバイオティクス(ロイテリ菌という菌)の粉と胃腸の炎症を抑えてくれるグルタミンの粉を入れて毎朝食べています。
あとはマグネシウムたっぷりの硬水、コントレックスも大好き♡ (マグネシウムはミトコンドリアを動かすには大事な栄養素なのでコントレックス買いだめしてます!)
初めてコントレックス飲んだ時には飲みなれなくてびっくりしましたが、運動のあとなどに飲むと喉越しがあって満腹感もあるし、飲んだ!という感じがして
めちゃくちゃ美味しく感じます。今では軟水よりも硬水が好き。

そしてその次は瘀血(おけつ)や水毒・気滞や気逆の有無!

瘀血(おけつ)ニキビの人は本当に多い。やはりストレス社会で、血管が縮こまってしまうのですね。
男女問わず、非常に多い!
瘀血(おけつ)とは血の巡りが悪くなった状態を言います!
おけつがあると肩こりや生理痛、クマが出たり、手足指先の冷えや肌荒れや便秘などいろんな不調が起きます。
このタイプの人はちょっと体力があって、赤ら顔があって、お肌の血流が悪いのでなんとなく全体にくすみがあり、
フェイスラインに赤ニキビ出ていることが多い。そして、クマや肩こり、生理痛などもキーワード。
そういう人には瘀血をよくする桂枝茯苓丸などの漢方を出します。
おけつは軽い運動やお風呂に入ってあっためてマッサージしたりするのも良いですね。

あとは瘀血×水毒タイプ。こちらも非常に多いです。
水毒とはむくみのこと。むくみやすい色白の女性で、こちらもフェイスラインに白いニキビが乱発してたり、
白ニキビに紛れて赤いニキビがポツポツっとある場合が多い。とにかく水っぽくて代謝が悪そうなタイプ。
こういった方にはゆかスキンクリニックのロゴマークのお花でもある芍薬の入った、
当帰芍薬散があっている場合が多いです。

お酒をすごく飲む人は胃腸があれて口周りに白いニキビが出ることも多いようで(夜のお仕事の人に多い)、こういったタイプには
胃腸の調子を整える、半夏瀉心湯や六君子湯があっていることが多いです。

あとはイライラしたりがある方(気逆)やなんとなく気分の落ち込みやお腹の張りがあるひと(気滞)にはそれを整える漢方をチョイスすることもあります。

あとは全体的に抗酸化力が低そうな方(肌が浅黒くてくすんでる、皮脂分泌が多い)には荊芥連翹湯とかも合います。

それらの根本的原因に対応する漢方に加えて、十味敗毒湯や清上防風湯など、いわゆるニキビに一般的な漢方を合わせたり。

ニキビは生活習慣と密接に関係している病気なだけに、漢方での治療が結構効果的だと実感しています!

また栄養療法的には鉄不足やビタミンB群不足の人が非常に多いので、この辺も補ってあげるとさらによし!
(瘀血の裏に鉄不足が潜んでいるタイプも結構いる気がします。)

ニキビ跡のクレーターなどは保険診療でなかなか治せないけど、
ニキビ自体は保険治療でもかなりよくすることができますよ!

ニキビを触りすぎたり、ひどいニキビを放置するとなかなか治せないニキビ跡になってしまいますので、
ニキビができたら、自分で潰したりは絶対せずに皮膚科にかかりましょうね!

お電話のご予約
03-6262-5515
メールのご予約

PAGE TOP