院長ブログYuka Skin Clinic Blog

当クリニックでは、患者様お一人お一人の肌の状態に真剣に向きあい、
健康で美しいお肌づくりをサポートいたします。

マラソン大会と舌診

2019.02.21

こんにちは。
東京日本橋 皮膚科・アレルギー科・漢方皮膚科・美容皮膚科・美容内科 ゆかスキンクリニック 院長の青木 由佳です。

先日の日曜日は青梅マラソン30キロに参加してきました。

青海マラソンは今回なんと53回目!由緒ある大会だそうで、
大人気!参加者の方は1万5千人近くいたようです。ゲストも豪華で、
金メダリストのQちゃんこと高橋尚子さん、野口みずきさん、あとタレントの福島和可菜さんが来られていました。

高橋尚子さんは登りの坂道の時にちょうど後ろから来られて、

『辛いね〜、頑張ってね』と優しくお声かけをしてくれました。

この声かけに励まされた〜。

福島和可菜さんはトレランもしてるのですね!!とっても軽快に走ってました。

野口みずきさんにはゴールでお迎えしてもらいました♡贅沢。

そんなこんなで無事完走!

タイムは2時間47分! なかなかの好成績♡ 普段のトレーニングの成果が実りました。

 

でも実は私その前日あたりから絶不調で、顔も体もパンパンにむくんでボロボロだったのです。

マラソンの日も顔がパンパン。葛根湯やらロキソニンやら飲んで、あとはアドレナリンと根性で頑張りましたが、

もう翌日のむくみと疲れが半端なくて。。。。

東洋医学では『舌診』という診察があり、舌でどんな状態かを判断します。

いつも診察室で、『あっかんべーしてもらえますか?』と普通のクリニックではなかなか

聞かれないことをいうので、うちのクリニックにきた人は最初ちょっとびっくりされてしまいますが、

舌は粘膜なので、むくみや血の流れが見えやすいし、また消化管と繋がっているので

胃腸の状態も反映してくれるので情報がいっぱいなのです。

舌診は鏡さえあれば気軽にできるので、

私は自分の体調を見るのに舌チェックをしています。

マラソン走り終わったあと、、、

見えますか!!!!この大きい舌と歯の痕。写真見て自分でもびっくりしました。

疲れやむくみがあると舌が大きくなって、歯の痕がくっきりつくのです。

写真でもくっきり〜〜〜。

そして翌日の舌、、、、(汚いのでご注意ください)

黄色い苔がっっっ。

黄色い苔は体の内部の熱を反映しているのです。。。

こういう時には瀉心湯類という清熱。瀉下作用にある、黄蓮と黄ゴンを含んだ漢方が良いです。

黄蓮解毒湯や半夏瀉心湯など。

もう本当に頭痛もするし、むくみで体も重いし、絶不調でどうなることかと思いましたが、、、

高濃度ビタミンCして半夏瀉心湯も飲んで、お休みにしっかりと養生し、鍼灸マッサージなども受け、

安静にしていたらすっかり治りました♡

微熱くらいしかなかったのですが、軽い風邪だったのでしょうね。

今日はだいぶ治ってきた。

舌診は簡単にできるので自分で自分の体調を知るにも良いですよ♪

 

 

 

お電話のご予約
03-6262-5515
メールのご予約

PAGE TOP