漢方治療

漢方薬で体の内側から体調を整え症状を治療します

ニキビ治療・冷え・むくみ・便秘・いらいら

漢方薬について

当院の皮膚治療の特徴は、慢性的なニキビやアトピー性皮膚炎の治療に対して、スタンダードな西洋医学的治療を基本としつつ、漢方治療を積極的に取り入れていることにあります。
私自身、医学部の学生時代には漢方薬について学んだこともありませんでしたし、医者になってからもずっと、漢方薬といえば『葛根湯』くらいしか使用経験はありませんでした。しかしながら、長らく抱えていた自分自身の不調が漢方薬で改善された事をきっかけに、漢方治療の素晴らしさに目覚めました。

自律神経機能の乱れやストレス、日々の揺らぎによって起こる不調などに関しては、西洋薬ではなかなか効果的な薬がありません。漢方薬は一つの有効成分ではなく、様々な生薬を合わせているという性質上、個々の体質をふまえた上で、その不調に複合的にアプローチし、整えていけるという良さがあります。もちろん、私は西洋医学的教育を受けた医者ですので、スタンダードな西洋医学的治療を軽視するつもりはなく、西洋医学的治療で効果的な治療があるのに漢方治療のみをお勧めすることはありません。また、漢方治療も万能ではありませんし、私の見立てではどうしてもよくできないこともあります。ただ、せっかく日本では現代科学の粋である西洋医学的治療も数千年の歴史を持つ漢方治療も同時に行えるという恵まれた環境にあるので、どちらの治療の良さも生かすことで、患者さまが快適に過ごせる日が増えればと思い漢方治療を取り入れております。

証と気血水

西洋薬は基本的にこの病気に対してはこの薬、この症状に対してはこの薬といったように処方しますが、漢方薬は同じ症状でも、その人の体質や背景によって、処方する漢方薬が異なります。漢方薬においてまず大事なのはその人の体質=証です。体力がある『実証』なのか、体力がない弱々しい『虚証』なのかによって選択する漢方が異なります。 自分の事はなかなか自分で客観的に判断しづらいので、この『証』は自分で分からないことも多いです。この『証』はぱっとみてわかることもありますし、私自身も最初の印象から受ける『証』と、問診や診察を進めて判明する『証』が異なる事もしばしばあります。

虚証
実証

漢方と気血水

漢方の世界では、体の異常を『気』・『血』・『水』の異常として捉えます。これらが不足したり、滞ったり、偏ってしまう事で不調や病気などが起こるとされています。


その人の持つ体質=証と気血水のどの異常で今の不調が起こっているかを診断し、それにあわせた漢方を選んで、気血水のバランスを整え、不調を改善させていきます。
漢方薬は自然界にあるものからできているので副作用がないと思っている人もいるかも知れませんが、漢方薬にも副作用があり、場合によっては重篤な副作用が起きてしまう事もあります。とくに麻黄や甘草などといった生薬が含まれる漢方は注意が必要になります。
最近は市販でも漢方薬が売られていますが、本当に自分に合ったものなのか、医師の診断のもと処方を受ける事をお勧めします。

お電話のご予約
03-6262-5515
メールのご予約

PAGE TOP