脂肪溶解注射

痩せたい部位に有効成分を注入することで、皮下脂肪が減少し、溶け出した脂肪は血中を経て、尿や便として排出されるとても効果的に行える痩身法です。

このような方におすすめ

  • 部分痩せがしたい
  • 二の腕・お腹・太ももなどの部分痩せをしたい
  • 脂肪吸引はしたくない

脂肪溶解注射とは

従来の医療痩身の中心だった脂肪吸引はダウンタイムが長く、価格面でも負担が大きかったため興味はあるものの抵抗を感じる方も多かったのですが、脂肪溶解注射(メソセラピー)はメスを使わずに注射によって気になる部位を部分痩せすることができます。
ゆかスキンクリニックではフォスファチジルコリンとデオキシコール酸を主成分とした脂肪溶解注射を使っています。フォスファチジルコリンは卵黄や大豆に含まれるリン脂質の一種で脂肪の細胞膜を破壊します。デオキシコール酸は胆汁酸の一種で脂肪細胞破壊効果があり、アメリカのFDAでもあご下の脂肪治療薬として認可を受けています。ただし、BNLSと比べると、腫れや赤みなどの副作用があるため、お洋服で隠せる部分に適しています。

治療の説明

治療間隔 2週間に1回
治療時間 15分
麻酔 なし
ダウンタイム
  • ・赤み・腫れ・かゆみ 2−3日〜1週間
  • ・内出血・シコリ1〜4週間
通院 特になし
洗顔・シャワー・入浴 当日は入浴は避ける。シャワーは可能
なし・希望があれば痛み止め
禁忌事項 妊娠中の方・大豆アレルギーの方
施術後の注意 治療部位のマッサージを行ってください。
お電話のご予約
03-6262-5515
メールのご予約

PAGE TOP